乾きにくい洗濯物やバスタオル・フェイスタオルを素早く乾かす方法

洗濯物を干す際、バスタオルやフェイスタオルをはじめ、厚手の衣類など洗濯物がなかなか乾かずに悩んでいる方も多いかと思います。今回の記事では、タオルをはじめとした洗濯物を早く乾かすために実践いただきたい有効な方法についてご紹介していきます。毎日のお洗濯にぜひお役立てください。

タオルなどの洗濯物が乾きにくい原因は?

バスタオルやフェイスタオル・厚手の衣類をはじめとした洗濯物がなかなか乾きにくいという場合に、その原因となってしまっている代表的な理由についてをご紹介していきます。

洗濯物を干す環境の湿度が高い

洗濯物を干している環境の湿度がそもそも高い場合は、洗濯物の水分が蒸発・乾燥しにくいため、洗濯物が乾くスピードは遅くなってしまいます。また、秋から冬にかけての季節は空気が乾燥しているため湿度も低いのでは?とお考えの方も多いようですが、気温が低いと空気中に取り込める水分量が少なくなり、それに伴って湿度が高くなってしまうため、空気が乾燥していても洗濯物はなかなか乾きにくくなってしまいます。

秋から冬にかけての季節や、梅雨時の季節、雨の日や洗濯物を外に干すことができない環境下にお住まいの方・部屋干し派の方などは、どうしても湿度が高くなる傾向にあるため、洗濯物を干す際は注意が必要です。

洗濯物への空気の通りが悪い

洗濯物を干す際に隙間を開けず窮屈に干していたり、風の通りを遮るような干し方をしてしまっていると、うまく洗濯物に空気が通らず、洗濯物の乾きが遅くなってしまいます。

洗濯物の乾きを早くするためには、洗濯物を干す環境に加え、洗濯物の干し方にも注意が必要です。

脱水時間が短い

洗濯機で洗濯を行う際、最後の脱水の時間を固定で設定していたり、柔軟剤の香りを残そうと短めに設定したりしていると、洗濯物の量に対して脱水の時間が足りずに、水分が多く残った状態で洗濯が完了してしまいます。せっかく柔軟剤の香りを残したとしても、乾燥に時間がかかることで生乾き臭が生じてしまうリスクが伴います。

洗濯機の脱水時間は、洗濯物の量に対して適した時間しっかりと行うことをおすすめします。

タオルなどの洗濯物を早く乾かすための方法

ここでは、バス・フェイスタオルをはじめとした洗濯物を早く乾かすために実践いただきたい方法についてご紹介していきます。どの方法もすぐに実践いただけるものばかりなので、ぜひご参考にしてください。

脱水時間を長めに設定する

洗濯機で洗濯をする際に、脱水の時間を長めに設定することで、洗濯物に残る水分量を事前にしっかりと飛ばすことができます。水分残りが少ない状態で洗濯が完了するため、乾燥時間の短縮に効果的でしょう。ただし、脱水作業は洗濯機内で洗濯物を高速回転させて水分を飛ばす仕組みとなっているため、デリケートな洗濯物によっては、ダメージの負荷が気になる場合もあります。

デリケートな素材のものであったり、大切にしているものなどは、洗濯ネットを活用し、洗濯時のダメージの加わりを抑えてあげると良いでしょう。

干す前にしっかりと振って空気を含ませる

洗濯機から洗濯物を取り出したら、そのまま洗濯物を干すのではなく、干す前に10回から20回ほど、空気を含ませるように振ってから干すようにしましょう。
そうすることで水分量が減り、タオルや洗濯物の繊維を立ち上がらせることができるため、乾燥の時間の短縮につながります。

さらにタオルの場合は、乾燥時間の短縮になるだけではなく、繊維が立ち上がり空気がしっかりと通ることで、乾いた後の肌触りがよりふわふわな仕上がりとなるため、一石二鳥です。

洗濯物同士が重ならないように距離を取って干す

洗濯物の乾きには、空気をいかに通りやすく干すかが重要なポイントとなります。洗濯物を干す際は、洗濯物同士が重なり合わないようにしっかりと洗濯物同士の距離をとって干すようにしましょう。

可能であれば、5cm以上の間隔をとって干すことがおすすめですが、難しい場合は、洗濯バサミ1個分間隔をとって干すなどルールを決めて干すと実践しやすいためおすすめです。

タオルは囲み干しを行う

タオルを干す際には、タオルを囲むように干す「囲み干し」を行うと良いでしょう。バスタオルを横長に持ち、上辺を囲む形になるようにして洗濯バサミで止めましょう。そうすることで、風が隙間から入り込み、タオルの中の空気が一定方向に流れるため、より早く乾きやすくなります。

タオルを干す際には、なるだけ布が重なる部分を減らす形で、空気に触れる表面積を増やすようにして干すのがおすすめです。

縦ではなく横長方向に干す(縦の幅の長さが短くなるように干す)

洗濯物は上から徐々に乾いていくため、縦の長さがあればあるほど、乾燥までに時間を要してしまいます。そのため、洗濯物を干す際は、縦の幅の長さが短くなるように、横長に干すようにすると良いでしょう。

部屋干しの際には除湿機や乾燥機・扇風機などを活用する

部屋干しを行う際は、洗濯乾燥機や除湿機・扇風機などといった便利な時短アイテムを活用するのもおすすめです。扇風機であれば安価で購入できるものも多いため、部屋干しが多いという方は持っていて損はないアイテムでしょう。

単品での使用はもちろん、乾燥機や除湿機を使用する際にも、扇風機を併用することでより風がしっかりと通るため、乾燥時間の大幅な短縮が期待できます。

部屋干しでもスピーディに早く乾いてふわふわ!SWWOC(スウォック)のバスタオル・フェイスタオルがおすすめ

おうちのバスタオルやフェイスタオルがなかなか乾かない・乾きにくいとお悩みの方に自信を持っておすすめしたいのが、SWWOC(スウォック)のバスタオル・フェイスタオルです。
SWWOCのタオルは、エンジェルスピン技術という、速乾性と吸水性に優れた加工技術を採用しています。

吸水がすごく良い/N.N様
思っていたよりボリュームは無いけれど吸水性は抜群のような気がします。
満足のいく使用感です。買って良かったです。

https://swwoc.com/products/swc001

ふわふわ/バタコ様
リピートしました、ふわふわでとっても気持ち良い肌触り…速乾性もありました、今回は娘の分も注文してとっても喜んでもらえました。

https://swwoc.com/products/swc001

糸に空気の層があり、繊維1本1本にしっかりと空気が通りやすい形となっているため、部屋干しでも驚くほどスピーディに、あっという間に乾いてくれます。

速乾性はもちろん、肌触りもふわふわ。ボリューム感のある大満足な使い心地

SWWOCのタオルは、空気をしっかりと含んだふわっふわなボリューム感と、肌あたりの良い滑らかで心地の良い肌触りにも大変ご好評をいただいております。

色々な色を揃えて長く使います!/M様
はじめて購入しました。バスタオル何度洗ってもフワッとして気持ち良いです

https://swwoc.com/products/swc001

swwocのバスタオルの肌触/タオル大好き様

バスタオル、フェイスタオル両方使っています。
最初お試しでバスタオルとフェイスタオルを2枚ずつ購入しました。
使い始めにやや毛玉が出ましたが、すぐにおさまりました。
吸水性と乾きやすさに加え、タオルの柔らかさも長期間キープできておりとても満足しています。
1年ほど使ったものも、ヘビロテしていましたが快適に使えています。
バスタオルはややコンパクトですが、今のところ不便さは感じていません。
チャコールグレーは写真ほど暗くないです。
お安くはありませんが、長く使えるものなので納得して購入しています。
この一年でバスタオルは7枚となりました!
ストーングレー、チャコールグレー、イエローを使っていますが、調和する色合いなので今後は他の色も使ってみたいです。

https://swwoc.com/products/swc001

国内の工場で職人が1枚1枚丁寧に作り上げた、使っているときも、そうでいない時も、きっとご満足をいただけるタオルです。

まとめ買いで最大約30%オフ・初回購入ならさらに¥1,000オフのキャンペーン実施中

SWWOCの公式サイトでは、現在、SWWOCのバスタオルまたはフェイスタオルをご購入いただく際に、最大で30%オフにてお買い求めいただけるまとめ買いキャンペーンを実施しております。さらに初めてのお買い物の場合は、お買い物合計金額から¥1,000オフが適用となる限定のクーポンも配布しております。

お得な機会にぜひ、SWWOCのバスタオル・フェイスタオルチェックしてみてください。

洗濯の仕方や干し方を見直して、洗濯物をより早く乾かしましょう

今回は、タオルをはじめとした洗濯物を早く乾かすためにお役立ていただける方法についてご紹介させていただきました。いつものお洗濯方法や干し方を少し工夫するだけでも、乾燥時間をグッと短縮することができますので、ご紹介した内容を参考に、ぜひ実践いただけますと幸いです。
また、SWWOCのタオルはエンジェルスピン技術を採用した速乾性に非常に優れたタオルです。タオルの買い替えをお考えの方はぜひSWWOCのタオルをご検討いただけますと幸いです。

本記事は下記のサイトを参考に作成しております。
(参考:雨漏り匠ナビ 早く乾くタオルの干し方は?雨続きでも乾く部屋干しのコツを紹介 2022年10月12日、 | Lidea(リディア) by LION 部屋干しバスタオルを早く乾かす干し方のコツ 扇風機で乾く時間を短縮! 2022年10月12日)