泉州タオルの特徴と魅力を紹介!今治タオルとの違いも解説

泉州タオル

毎日の生活を送るなかで、誰もが必ず使用するタオル。ですが、一括りにタオルといっても実は様々な種類が存在していることをご存知でしょうか?今回はそんな中から、最近耳にする機会の増えた「泉州タオル」についての特徴や魅力などを詳しくご紹介していきます。

「泉州タオル」って何?

泉州タオル

まずはじめに、そもそも泉州タオルとは何なのか・どういったタオルなのかについて、詳しくご紹介していきます。

日本のタオル発祥の地「大阪府泉州」で生産された国産タオル

泉州タオルとは、大阪府の泉州地域で生産された泉州産のタオルのことを指します。実は泉州タオルは、130年以上もの長い歴史を誇っており、泉州は日本のタオルの発祥の地とされています。

その起源は、遡ること明治18年。大阪の地で舶来雑貨商を営んでいた新井末吉という人物が、ドイツで製造されたタオルを手に取った際に、日本でも多くの需要が見込めるとし、泉佐野市の白木綿業者であった里井圓治郎氏に、タオルの研究を奨めたことが全ての始まりです。

里井氏は、研究の末に筬(おさ)のテリーモーションを利用してパイルを作り出す「打出機」を考案。今につながるタオル製織の実現に見事成功しました。そして、その製織したタオルをカルキで晒しすことによって誕生したのが、日本国産として初の後晒し製法で作り上げたタオル「泉州タオル」だったのです。

泉州タオルの特徴

泉州タオル

そもそも泉州タオルとは何なのかを知ったところで、ここでは泉州タオルの特徴について、さらに詳しくご紹介していきます。

衛生的でタオルの機能性を最大限に活かす「後晒し製法」

一般的なタオルは、製造過程においてタオルを織る際に、糸切れなどのダメージから守り、すべりをよくするために、ノリやロウをつけて強度を増した綿糸を使用しています。この付着したノリやロウなどの油分や不純物の全てをきれいに取り除くために、漂白・水洗いを行う「晒し」の作業が必要となります。

この晒しの作業をタオルを織り上げる前に行う場合の製法は「先晒し製法」となるのですが、泉州タオルは、この晒しの作業を、タオルが織り上がった後で行う「後晒し製法」にて行なっています。

そのため、先晒し製法で作られたタオルと比べて、しっかりと不純物が取り除かれることで、繊維本来のやわらかさをしっかりと最大限に引きだすことができます。

ふわっふわでやわらか!家族で安心して使える肌触りを叶えた通気性

後晒し製法によって作られた泉州タオルは、やわらかで弾力性に優れた極上の肌触りを実現しています。

繊維が傷みにくく、繰り返し洗っても心地よい肌触りが持続するため、デリケートな肌の方やお子様も安心してお使いいただくことができます。

汗や水分をしっかりと吸い取る!抜群の吸水性

余分な不純物や汚れがしっかりと取り除かれた泉州タオルは、吸水性にもとても優れています。普段、タオルが1枚では足りないという方でも、泉州産のタオルなら1枚でしっかりと吸い取ってくれるでしょう。

乾きにくい季節や部屋干しでもノンストレス!優れた速乾性

泉州産のタオルは、繊維1本1本がしっかりとしており、しっかりと空気を通してくれるため、汗や水分を拭き取ったタオルはもちろん、お洗濯後のタオルでも短時間でしっかりと乾いてくれます。普段なかなかタオルが乾きにくいという方でも、速乾性に優れた泉州タオルであれば、きっとノンストレスでお使いいただけることでしょう。

今治タオルとの違い

泉州タオル

タオルで有名なものと言われれば、多くの方は今治タオルの名前を挙げるのではないでしょうか。ここでは、そんな今治タオルと泉州タオルの違いについて詳しくご紹介していきたいと思います。

今治タオルは「先晒し製法」

泉州タオルと今治タオルの大きな違いは、晒しの工程を後に行うか、先に行うかの違いです。泉州タオルはご説明した通り後に晒しを行う後晒し製法を採用していますが、今治タオルは晒しの作業を先に行う先晒し製法を採用しています。

先に晒すことにより、製品としての見た目が美しく仕上がるのですが、ノリ抜きや湯洗いがしっかりとできていない場合、水を吸わないタオルとなってしまうデメリットがあります。

泉州タオルと今治タオルはどっちが良いの?

結局のところ、どちらのタオルが良いのか?というと、結論からいうと、はっきりとどちらの方がいいということは断言できません。

どちらが良いかは、タオルをご購入される・使用される方の購入目的・使用目的により異なります。

泉州タオルは、ふんわりやわらかで上質な肌触りや、しっかりと水分を吸い取ってくれる吸水性、短い時間でもしっかりと乾いてくれる速乾性など、タオル本来の持つ機能性の面において優れています。使い心地や機能性を重視される方は、後晒し製法を採用した泉州タオルがおすすめです。

また、今治タオルをはじめとした先晒し製法のタオルですと、色のついた糸でタオルを織るため、デザインを表現する上での自由度が高いです。複雑な柄や模様のデザインされたタオルなど、オリジナリティに溢れるタオルを求めている方は、先晒し製法を採用した今治タオルを選ぶと良いでしょう。

高品質な泉州タオルなら「SWWOCのバスタオル・フェイスタオル」がおすすめ!

泉州タオル

より高品質な泉州タオルをお探しの方にぜひともおすすめしたいのが、機能性にもデザイン性にも優れた、「SWWOC(スウォック)」のタオルです。

実際に使用されているご愛用者様からの支持も厚く、厳選された品質に優れたアイテムや話題のアイテムを取り扱い紹介している有名雑誌「MonoMax(モノマックス)」のウェブマガジンにも取り上げられ、クチコミなど含め各方面で大変ご好評いただいているタオルです。おすすめできるポイントを詳しく紹介していきます。

天使が紡いだ糸のような「エンジェルスピン技術」を採用

SWWOCのタオルは、まるで天使が紡いだ糸のような「エンジェルスピン技術」を採用。繊維の間に隙間がある特殊な技術が用いられた糸が使われています。

ふんわりやわらかな肌触りに優れた吸水性と速乾性

SWWOCのタオルは、エンジェルスピン技術によって繊維に空気の層が作られているため、よりふんわりとやわらかく軽やかでボリュームのある肌触りを実感いただけます。

また、糸の隙間が多く作られていることにより、たっぷりと水分を吸い取ってくれる優れた吸水性と、空気がしっかりと繊維間を通ることでスピーディーに乾く速乾性の両方をかなえてくれます。

おろしたての感動がずっと続くダメージレス仕様

タオルは使用頻度が高い分、一般的なタオルですとすぐに傷みやすいものが多いですが、SWWOCのタオルはエンジェルスピン技術が採用されていることによって、繊維の広がりが少なく、毛羽落ちも生じにくいため、繰り返し洗っても傷みにくいダメージレス仕様を実現しています。おろしたての使い心地で長くお使い続けていただけます。

インテリアにマッチする上質なデザインとカラー展開

SWWOCのタオルは、どんなシーンやインテリアにも馴染みやすい上質なデザインとカラーラインナップをご用意しています。

カラー展開は、ミルクたっぷりのカフェラテのような色味のサンド、都会的なマスタードカラーが印象的な大人のイエロー、柔らかで落ち着いたオフホワイトに近い色味のアイボリー、上品な青みを帯びた気品漂うストーングレー、重厚感と高級感を醸し出すチャコールグレー、空間と同時に気持ちまで明るくしてくれるビビットな大人のオレンジ、高級感とアクティブさを兼ね備えた大人のグリーンの全部で7色を展開。あなたのお気に入りのカラーをチョイスしてくださいね。

極上の肌触りと優れた速乾性!タオルはSWWOCの泉州タオルで揃えよう

泉州タオル

いかがでしたか。泉州タオルは、日本のタオル文化のはじまりでもありながら、タオルに求められる機能性の全てに優れた、大変素晴らしいタオルです。

そんな泉州タオルの中でも特におすすめなのが、SWWOCのタオル。

ずっと触れていたくなるようなふんわりやわらかでボリュームのある触り心地に、しっかりと水分を吸い取ってくれる吸水性、乾きにくい季節や部屋干しでもしっかりと乾いてくれる速乾性に加え、繰り返し洗ってもおろしたての使い心地が続くダメージレス仕様と、一度使うと他のタオルが使えなくなるほどの素晴らしい使い心地を実現しています。

初回ご購入時にご利用いただけるクーポンやまとめ買い値引きを利用するとお得にお買い求めいただけますので、ぜひ皆様チェックしてみてくださいね。

本記事は下記のサイトを参考に作成しております。
(参考:Wikipedia-泉州タオル 2022年1月18日、Wikipedia-タオル 2022年1月18日)