国産タオルと海外製タオルはどう違う?日本製が高品質の理由とおすすめのタオルをご紹介

市場に流通しているタオルは、日本国内で製造されているものと、海外で製造されているものの2つに大きく分かれます。
なんとなく国産の方が良さそうだという認識が一般的かと思いますが、実際に具体的にはどういった点で差があるのか、細かな部分の違いまでをしっかりと把握されているという方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、国産タオルと海外製のタオルについて、それぞれの違いや特徴を詳しくご紹介していきます。

国産タオルと海外製のタオルの違い

それでは早速、日本国内で製造・生産されているタオルと、海外で製造・生産されているタオルの違いについてを、それぞれの項目ごとに分けて、詳しく説明していきます。

【違いその1】水質の違いによって生じる差

日本国内で製造・生産されているタオルと海外で製造・生産されているタオルの大きな差のひとつとして挙げられるのが、水質の違いによって生じるクオリティの差です。
日本の水は軟水というミネラルを多く含まないやわらかな水質のため、浸透性が良く、製造時に繊維をやわらかく仕上げてくれるため、滑らかでふんわりとしたやわらかな肌触りを叶える仕上がりとなります。
その一方で、海外の水は硬水というカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含んだ水であるため、浸透性としては軟水に比べて悪く、製造時に繊維が固く仕上がってしまう傾向にあり、ゴワつきが気になったり、すぐにヘタったりと、比較的持ちが悪く肌触りが気になる固めの仕上がりとなってしまっている不評なタオルが多いことが挙げられます。

【違いその2】品質基準の違いによって生じる差

そもそもの品質基準の違いの部分も、日本国内製造のタオルと海外製造のタオルでのクオリティ差に大きく影響してくるポイントです。
日本国内で製造されるタオルには、 JIS規格(日本工業規格)と呼ばれる標準的な品質試験が設けられています。
タオルの品質試験項目には、使用されている糸の太さや強さ・水分率などに関する試験や、サイズや密度などの織物としての試験、強さや寸法変化などの力学的な試験、洗濯時や摩擦が起きた際に生じる色落ち具合に関する試験、吸水性や乾燥にかかる時間などのタオル特性に関する試験などといった形で、30項目以上の試験項目が財団法人日本タオル検査協会から公表されています。
また、先述したJISの品質試験を参考に、団体や企業が独自でさらに加えて品質基準を定めているものも存在しています。
このように、日本国内で製造されているタオルは、厳しい審査基準をクリアしたもののみが市場に流通するため、クオリティ面でもあんしん・あんぜんなタオルを手にしていただけます。
一方で、海外の品質基準は、日本で定められているものに比べて基準が緩いため、日本国内で製造されているものと比較すると、どうしてもクオリティ面で劣るものが多い傾向にあります。
海外製のものでもハイクオリティのものはもちろん存在しますが、大量生産され安価で流通しているものはどうしてもクオリティの低いものが多い傾向にあります。

【違いその3】かけるコストや国によっての作業員の性格の違いによって生じる差

国産と海外製では、かかってくるコストや作業員の性格の違いにも大きく差が生じてきます。
海外で生産しているタオルは、コストカットを重視して作られているものが多く、その分品質面においてクオリティに影響が出ているものも多く存在しています。
また、国の違いによる作業員の性格や作業に対する姿勢の違いも重要視したいポイントです。同じ機材を使っているはずなのに、日本国産のものと比べると、海外製のものはクオリティがだいぶ低いこともあるようです。
その原因として、機械の設定は日々変化する気温や湿度に合わせて設定を変更する必要があるのですが、海外の技術者の場合、機械の設定を変更しないままであったり、むしろ粗い設定にして製造コストを下げている場合があるためのようです。
工場の環境においても、日本の工場と海外の工場では差が生じます。海外の工場では、PM2.5をはじめとした汚染物質の影響が製造時のタオルに及ぶ場合があるため、そういった点も注意しておきたいポイントです。

質の良いタオルを選ぶためにチェックすべきポイント

ここでは、より質の良いタオルを選ぶためにおさえておきたいチェックすべきポイントについてご紹介していきます。

【ポイントその1】純国産のタオルである

先述した通り、日本国産のタオルと海外製のタオルでは、クオリティに大きく差が生じがちであることがお分かりいただけたかと思います。
より質の良いタオルを選ぶのであれば、やはり海外製のものではなく、純国産のタオルをお選びいただく方がよりあんしん・あんぜんであると言えるでしょう。
タオルのタグや製品表示を確認し、どこの国で製造されたものなのかを確認すると良いでしょう。

【ポイントその2】長繊維が採用されている

産地の違いも重要ですが、高品質で良いタオルの条件として注目していただきたいのは、繊維の長さも重要なポイントです。
タオルの繊維が長ければ長いほど、毛羽立ちが少なく、繊細で滑らかな肌触りのタオルに仕上がります。
タオルを手に取った際に、実際に手で触れた肌触りに加え、繊維の長さがしっかりと作られているかを確認いただくことで、より使い心地の良いタオルをお選びいただけます。

【ポイントその3】独自の製法や技術が採用されている

タオルの製造方法は年々進化を遂げています。それぞれのメーカーや工場独自の製法や技術も多く存在しているため、プラスアルファのクオリティを求めるのであれば、そういった技術を採用しているタオルを選ぶこともひとつのおすすめの基準となるでしょう。
肌触りに特化した技術や、吸水性に特化した技術など、求める機能性に合わせて、それに長けたタオルを選ぶと良いでしょう。

「質の良いタオル」の全ての基準を満たしたタオルならSWWOCのタオルがおすすめ

泉州タオル

クオリティの高いタオルをお探しの方にぜひおすすめしたいタオルが、SWWOC(スウォック)のタオルです。SWWOCのタオルであれば、質の高いタオルの条件の全てを満たしておりますので、きっとご満足いただけます。
SWWOCのタオルの特徴について、それぞれの項目ごとに詳しくご紹介してまいります。

純国産の大阪・泉州タオル

SWWOCのタオルは、日本のタオルの発祥地とも呼ばれている大阪・泉州の工場で作られている純国産の泉州タオルです。
タオルに特化した工場で生産されており、職人の技術が一枚一枚に丁寧に込められています。

エンジェルスピン技術を採用した長繊維のタオル

SWWOCのタオルは、エンジェルスピン技術を採用した長繊維のタオルです。
厳選されたコットンを採用し、そこに特殊な加工技術を施して空気の層を繊維の間に作ることで、他のタオルでは実感することのできないやわらかさとボリュームを実現しています。
吸水性・速乾性にも優れており、しっかりと汗や水分を吸収し、お洗濯時にも部屋干し・外干し問わずスピーディーに乾きます。
使っている時もそうでない時も気持ちの良い、快適さを感じるタオルです。

どんな人にも空間にもマッチするシンプルなデザインでカラーも豊富

SWWOCのタオルは、バスタオルとフェイスタオルの2種類をご用意しております。
デザインは無駄のないシンプルでスタイリッシュなデザインのため、どんな方にも空間にもぴったりとマッチします。
カラー展開はそれぞれ豊富な7色のカラーをご用意しておりますので、お好みに合ったカラーをお選びいただけます。

はじめてのご購入で1,000円オフ&まとめ買いでさらにお得

SWWOCのタオルは、公式サイトからのご購入で、初回購入者の方に限りお買い物総額から1,000円お値引きが適用されるクーポンをご利用いただけます。
さらに複数枚のまとめ買いで、枚数に応じたまとめ買い値引きも適用されるのでとてもお得です。
質の良いタオルをお探しの方や、タオルの買い替えを検討されている方はぜひチェックしてみてください。

品質で選ぶなら高品質な国産タオルがおすすめ

今回の記事では、国産タオルと海外製タオルの品質の違いについて詳しくご紹介させていただきました。タオルは毎日の生活に欠かせないアイテムです。より長く、そしてより快適にお使いいただくためにも、タオル選びは日本で製造・生産されている高品質な国産のタオルをお選びいただくことをおすすめします。

本記事は下記のサイトを参考に作成しております。
(参考:FUJITAKA TOWEL タオルソムリエが教える、今治タオルの品質とは? | 藤高タオル 2022年4月7日、タオルナビ タオルナビ:タオルのあれこれ タオル品質試験 2022年4月7日、白タオル販売専門サイト 日本製タオルと海外製タオルの違いとは|白タロウ-SHIROTAROU- 2022年4月7日、タオル専門店 WYNNKENGEOFU 国産タオルと外国産タオルの品質の違いとは | タオル専門店 WYNNKENGEOFUタオルナビ:タオルのあれこれ タオル品質試験 2022年4月7日、World Towel Japan タオルの綿の種類や生産地の違いについて | ワールドタオル 2022年4月7日)