タオルの寿命と適切な取り替え頻度は?最適な交換時期と長持ちさせる方法をご紹介

毎日の生活に欠かせないタオルですが、一体どのくらいの頻度で新しいものへと取り替えるのが正解なのでしょうか?特別期間は決めていないという方も多いかと思いますが、それゆえに本来なら取り替えるべきダメージタオルを使い続けてしまい、肌や髪を知らず知らずのうちに傷つけてしまっている方も多いようです。今回は、タオルの寿命についてと、適切なタオルの取り替え頻度について、そして、大切なタオルをより長く使い続けるための方法について詳しくご紹介していきます。

タオルの寿命の目安と取り替えのサインは?

そもそも、タオルの寿命の目安はどのくらいの使用回数が目安となるのでしょう。ここでは、寿命を迎える使用回数の目安と、取り替えが推奨される状態のサインについて詳しく解説していきます。

洗濯回数が30回を超えたら取り替えの目安

タオルには、洗濯回数を重ねるごとに、タオルのパイルや繊維自体に、洗濯物同士のこすれや水流による洗濯ダメージが加わります。そのため、タオルを使い続けていく上では、どうしても吸水性や肌触りの劣化を避けることはできません。
タオルの寿命は、お洗濯の回数が30回を超えた時点がひとつの寿命の目安となります。
ホテルなどの宿泊施設では、お客さまに提供するタオルは洗濯回数が30回を超えると新しいものと取り替えることをルールとしている所が多いようです。
洗濯回数30回と一言で言われてもあまりピンと来にくい部分もあるかと思いますが、週1回の使用で約半年、週2回の使用で約3ヶ月が洗濯回数30回のだいたいの目安となりますので、そう考えると把握しやすいでしょう。

肌触りや使用感・吸水性に不満を感じ始めたら取り替えのサイン

洗濯回数が30回を寿命の目安とお伝えしましたが、これはあくまでも目安であり、タオルの品質によっては上下する部分があります。
タオルを使っていて肌触りにゴワつきなどの違和感を感じたり、使い心地がなんだか以前よりも悪く感じたり、以前より水を吸わなくなったと感じるようなことがあれば、洗濯回数の目安の関係なしに、新しいものへと取り替えることをおすすめします。

激しいほつれや変色・カビや汚れの目立ちはすぐに取り替えましょう

タオルに激しくほつれが生じていたり、変色が起きてしまっていたり、カビや汚れがついてしまっている場合は、すぐに取り替えるようにしましょう。
ほつれの激しいタオルは、単なる見栄えの悪さだけでなく、使用時にひっかかることで肌や髪を傷めてしまう恐れがあることや、洗濯の際に他の洗濯物にひっかかって洗濯ダメージの原因となってしまう恐れもあります。
また、繊維崩れも起こしやすく、からだや髪を拭いた際にゴミのような形で繊維がついてしまうこともあります。
もしまだ使えそうな場合や、何かにひっかけてほつれが生じてしまった場合は、すぐにハサミで飛び出たほつれ部分を切るようにしましょう。
タオルが変色してしまっている場合、黄色ブドウ球菌や赤色酵母など、タオル上で細菌が繁殖してしまい、その色素が残っていることが原因の場合も考えられます。
洗っても落ちない汚れが付着してしまっている場合や、カビが発生している場合、汚れの菌やカビ菌がタオル上に残留してしまっている形となりますので、肌触りに問題がなくとも、衛生上の観点からすぐに使用を中止し、早急に新しいタオルへと取り替えることをおすすめします。

品質の劣化したタオルを使い続けるとどうなる?

使用感に違和感を感じ始めても、まだまだ使えるだろうという気持ちや、勿体無いという気持ちから使い続けてしまうという方も一定数いらっしゃるかと思います。しかし、品質の劣化したタオルは、使い続けることに数多くのリスクが伴う恐れがあります。

吸水性が悪くしっかり水分や汗を拭き取れない

タオルは、使用回数を重ねるごとに吸水性が低下していきます。新品のタオルはパイル(タオルの表面に並んでいるループ状の糸)がしっかりと立っているため水分をきちんと吸収してくれますが、洗濯や使用回数を重ねていくとパイルがだんだんとへたり、しっかりと立たなくなってしまうことで、吸水性が悪くなり十分に水分や汗を拭き取れなくなってきます。
肌や髪を拭く際や洗濯時にパイルへの摩擦ダメージは必ず生じるため、使用を重ねるごとの吸水性の低下は避けて通ることはできません。

乾きにくさやイヤなニオイ残りが目立つようになる

先ほどもお伝えした通り、タオルは使い続けていくうちにだんだんとパイルが立ちにくくなってきます。パイルが立ちにくくなると、繊維間への風通しが悪くなるため乾きにくさを感じるようになったり、乾燥時間が長引くことで、乾燥環境によっては雑菌が繁殖しやすくなり、イヤなニオイ残りが目立つようにもなります。
ニオイ残りは、熱湯で予洗いを行う・漂白剤を併用するなどの対策で多少抑えることもできますが、それでもニオイが残っていたり、手間を感じるようであれば、思い切って新しいタオルに取り替えてしまう方がストレスも無く良いでしょう。

使用時の肌触りに不快感を感じ、肌や髪にダメージを加えてしまう恐れがある

タオルは、使い古していくうちにタオルの繊維が傷んでいくことでだんだんと固くゴワつきを感じるようになり、同時に滑りも悪くなるため、肌触りが悪く、使っていて不快感を感じるようになります。
そんな繊維の傷んだタオルで肌や髪を拭くことは、肌表面の角質や髪のキューティクルを傷めつけてしまう原因にもなります。
また、使い古されたタオルは先述した通り吸水性も悪いため、しっかり拭き取ろうとゴシゴシと力を加えて使用してしまうことで、肌や髪によりダメージを与えてしまいます。

大切なタオルを長持ちさせるために気を付けるべきポイント

お伝えしてきました通り、タオルは使用回数を重ねる毎に劣化が生じることは避けて通りません。しかし、気をつけるべきポイントを抑えていただければ、タオルの寿命を平均よりも長く保つことが可能です。ここでは、大切なタオルを長持ちさせるために気をつけるべきポイントについてご紹介いたします。

適切な洗い方で洗濯する

タオルは、使用する毎に洗濯を行い、繰り返し使うものです。品質の劣化を防ぐためには、洗濯の際にできるだけタオルの繊維を傷つけない形で行うことが大切になります。
タオルの劣化を防ぎ、ふわふわな肌触りを長くキープするための洗濯方法について詳しくまとめた記事がございますので、こちらもぜひご覧ください。

保管方法に気を付ける

タオルを保管する際の保管方法についても、劣化を防ぐにあたって大切なポイントとなってきます。
直射日光のあたる場所を避けたり、タオルをしまう際の畳み方に一手間を加えるだけで、長い目で見たときの使用耐久回数に大きく差をつけることが可能です。
より詳しいタオルの保管場所や適切な保管方法についても、別途詳しくご紹介している記事がございますので、こちらもぜひご覧ください。

長く使える高品質なタオルならSWWOC(スウォック)のタオルへの買い替えがおすすめ

泉州タオル

一般的に市販されている安価なタオルは海外で大量生産されたものがほとんどで、どうしてもクオリティの面では優位性が低くなってしまう傾向にあります。少しでも長く使えるタオルをお探しの方には、国産で高品質なタオルをお選びいただくことをおすすめします。

SWWOCのタオルは、純日本製の高品質なタオルです。エンジェルスピン技術という特殊な製法を採用しており、ふんわりとしたやわらかさで肌触りがよく、吸水性にも優れており、しっかりと水分を吸収してくれるのと同時に、空気をしっかりと通すつくりのため、部屋干しでもスピーディーに乾いてくれる速乾性にも優れています。

サイズはバスタオルとフェイスタオルの2種類・カラーは全部で7色展開

サイズはバスタオルとフェイスタオルの2種類があり、それぞれ7色のカラーが用意されています。シンプルなデザインはどんなシーンにもマッチするため、あなたもきっとお気に入りの1枚を見つけることができるでしょう。

実際にご愛用中の方からもお喜びのお声が続々と届いています

SWWOCの商品ページでは、実際にご愛用中の方からお寄せいただきました、生のお声・口コミレビューを掲載しております。
商品ページより全てのお声・口コミレビューをご覧いただけますが、ここでもその中からの一部を抜粋してご紹介させていただきます。

COLORに一目惚れして…(優.村様)
最初はタオルのCOLORに一目惚れして購入したのですが、使用して、肌触り、吸湿性に感激しました。フェイスタオルはホットヨガの滝のように流れるレッスン中の汗ふき用に使用しているのですが吸湿性が素晴らしいので凄く重宝させて頂いております。たまに、別のタオルを使用すると違いが歴然です。家族の分もリピ買いしました。

https://swwoc.com/products/swc001

ふわふわ(さぁ様)
気持ちよくて子どもも大好きで使ってます!

https://swwoc.com/products/swc001

swwocのバスタオルの肌触(タオル大好き様)
はじめて購入しました。バスタオル何度洗ってもフワッとして気持ち良いです

https://swwoc.com/products/swc001

色々な色を揃えて長く使います!(M. 様)
バスタオル、フェイスタオル両方使っています。
最初お試しでバスタオルとフェイスタオルを2枚ずつ購入しました。
使い始めにやや毛玉が出ましたが、すぐにおさまりました。
吸水性と乾きやすさに加え、タオルの柔らかさも長期間キープできておりとても満足しています。
1年ほど使ったものも、ヘビロテしていましたが快適に使えています。
バスタオルはややコンパクトですが、今のところ不便さは感じていません。
チャコールグレーは写真ほど暗くないです。
お安くはありませんが、長く使えるものなので納得して購入しています。
この一年でバスタオルは7枚となりました!
ストーングレー、チャコールグレー、イエローを使っていますが、調和する色合いなので今後は他の色も使ってみたいです。

https://swwoc.com/products/swc001

ご紹介させていただいた他にも、数多くのお客さまからご好評をいただいております。

不要になったタオルのリサイクル回収も

SWWOCでは、タオルの買い替えの際に、使い古したタオルを回収し、必要とされている方へ寄付できる環境をご用意しております。
ご購入いただいたSWWOCのタオルをお届けする際に、寄付についてのご案内を商品と一緒に同封しておりますので、そちらの案内の手順に沿ってお送りいただけますと、​​国内外の福祉施設等へ寄贈されます。
使い古したタオルを無駄にしたくない、少しでも環境にやさしい形で・世の中の役に立つ形で手放したいという方にもおすすめです。

タオルの寿命は思ったよりも短い!適切な時期に取り替えましょう

今回の記事では、タオルの寿命と取り替えの時期の目安についてご紹介させていただきました。
タオルは繰り返し使用するため、使用回数を重ねるごとに品質の劣化は必ず生じるアイテムです。
品質の劣化したタオルを使い続けることは、肌や髪にダメージを与える原因にもなってしまいます。
ストレスなく快適にお使いいただくためにも、本記事を参考に、適切な時期で新しいタオルに取り替えるようにしましょう。

本記事は下記のサイトを参考に作成しております。
(参考:ユニフォームタウン タオルの寿命っていつ?捨て時の目安や長持ちさせるコツも紹介 2022年4月26日、All About タオルに黒ずみが出たら捨てるタイミング?タオルの捨て時や洗濯方法 2022年4月26日)