タオルの品質を維持するための適切な保管方法をご紹介。

毎日の生活に欠かすことができないタオル。バスタオルやフェイスタオル、ハンドタオルなどなど…さまざまなタオルが各ご家庭で使われているかと思いますが、それらのタオルの保管はどういった方法で行なっておりますでしょうか?
実は、タオルは保管する方法次第で品質状態に大きく差が出ます。
今回の記事では、大切なタオルを最適な状態で、1日も長くお使いいただくための保管方法についてご紹介していきます。ぜひご参考ください。

タオルの品質を維持するための適切な保管方法

Clean,Rolled,Towels,With,Flowers,On,White,Background

それではさっそく、タオルを保管する際の適切な方法について、それぞれの項目ごとに分けて詳しくご紹介していきます。

折りたたまずに巻いたタオルを重ねずに並べて保管する

タオルを保管する際に、折りたたんで保管されているという方も多いかと思いますが、品質を維持するためには、折りたたまずに巻きたたんで保管する形がより適切です。
タオルを折りたたんで保管すると、その折り目からパイル生地がこすれたり潰れてしまうことによって、ダメージの原因が生じてしまいます。
タオルをたたんで保管する際は、折らずにくるくると巻くように保管することで、タオルの折りダメージを回避することができます。
また、巻きたたんだタオルは、タオル同士で重ねて保管するのではなく、タオル同士を並べて保管するか、または立てて並べて保管するようにしましょう。
上にどんどん積み重ねるように保管してしまうと、重ねたタオルの重さによって下に置いたタオルへと圧力がかかり、パイル生地の潰れやボリュームダウンによる肌触りや使い心地の低下の原因となってしまいますので、ご注意ください。

直射日光の当たる場所を避ける

タオルを保管する場所は、直射日光の当たる場所を避けるようにしましょう。直射日光が当たる場所に保管すると、タオルが日に焼けてしまうことによっての色褪せが生じてしまったり、タオルの繊維が過度に乾燥してしまうことによってのゴワつきが生じてしまいます。
タオルの保管場所には、なるべく日の当たらない日陰の場所を選ぶようにしてください。

湿気の少ない場所に保存する

タオルの保管場所には日の当たらない場所を選ぶようお伝えしましたが、同時に湿度にも気を配ることが必要です。
タオルは、水分や湿気をよく吸収します。湿気の多い場所に保管していると、場合によってはカビが生えてしまったり、菌が繁殖してしまう原因となってしまうことがあります。
タオルを保管している空間は定期的に換気を行うよう心がけたり、保管の際には防湿剤と一緒に保管するなど、湿度にも気を配ることが大切です。

ホコリやダニの対策をしっかりと行う

タオルを保管する際には、ホコリやダニの対策も忘れないようにしましょう。
ルーティンでタオルを入れ替え、タオル自体を清潔に保てていても、保管している引き出し内などの収納場所の四角などにホコリが蓄積していることもあるので、収納場所の定期的な清掃も同時に心がけるようにしましょう。
また、ダニの対策には、市販の防虫剤などを活用すると良いでしょう。引き出し用・タンス用・クローゼット用など、収納アイテムに合わせた形の防虫剤が販売されているので、保管環境に合わせてご活用ください。最近では香りのついたタイプのものなども発売されているので、好みに合わせてお選びいただくと良いでしょう。

敷き詰めずに風通しをよくする

引き出しなどの収納にタオルを保管する際は、ギュウギュウに敷き詰めず、ある程度の隙間の余裕を作って風通しを確保するようにしましょう。風通しが悪いと、カビや菌の繁殖の原因となってしまいます。

使用せず保存する場合も袋や包装材から出し一度洗濯して保管する

新品でタオルを購入した際、今使用しているタオルがまだあるからと、購入時の状態のままで保管していませんか?
新品のタオルは、店頭に並んでいたものであれば、店員さんや他のお客さまが触れていますし、そうでない通販などで購入したものでも、工場や倉庫の保管環境がどのような環境であったかは分かりかねます。
購入後は、袋や包装材から出して、一度必ず事前にお洗濯をしてから保管するようにしましょう。

タオルの長期保存はおすすめできません

Colored,Towels,On,A,White,Background

私たちが普段使用しているタオルに使われている素材の綿などは、植物です。タオルに使用する際は加工された状態ではあるものの、もともと劣化していく素材であることには変わりありません。
長く保存していたり、使用を繰り返していくうえでのダメージや劣化は、どんなに大切に取り扱っていても防げないものです。
そのため、タオルや衣類は、長期的に保存するよりも、ローテーションで使用し、傷みが気になりだしたタイミングで新しいものへと買い換えていく形が理想的です。

買い換えるなら高品質なSWWOC(スウォック)の国産タオルがおすすめ

泉州タオル

タオルの買い替えをご検討されている方にぜひおすすめしたいのが、SWWOC(スウォック)のタオルです。
SWWOCのタオルは、日本のタオル文化の発祥地と言われている、大阪・泉州産のタオルです。
こだわり抜いた品質と使い心地で、1枚1枚しっかりと丁寧に作られています。
ふんわりとしたやわらかでボリュームのあるやさしい触り心地は、小さなお子さまや、デリケートな肌の方まで、全ての方にあんしんしてお使いいただけます。
また、機能性にも特化しており、水分をしっかりと吸水してくれる吸水力に加え、乾きにくい時期や部屋干しの際にも素早く乾いてくれる速乾性を実現しています。毎日お使いいただくうえでの快適さにもこだわりを持って作られた1枚です。
また、繰り返し洗ってお使いいただいても傷みにくく新品のような使い心地が続くダメージレス仕様のため、長くご愛用いただけます。
どんなシーンやインテリアにも馴染むようなシンプルかつ上品なデザインで、7色の豊富なカラーラインナップをご用意しております。
さらに、まとめ買いでご購入いただくと最大で約20%のお値引きの適用に加え、はじめてSWWOCのタオルをご購入いただくお客さまの場合、初回限定の¥1,000オフのスペシャルクーポンもご利用いただけます。
この機会にぜひ、SWWOCのタオルをご検討ください。

お気に入りのタオルを快適にお使いいただくために。適切な保管方法で保管しましょう

いかがでしたか?普段何気なく保管しているタオルも、実は気を配るべきポイントが多々あったことにお気づきいただけたのではないかと思います。今回ご紹介した保管方法は、タオルはもちろん、その他の衣類やお洗濯物の保管にも応用いただけるかと思いますので、ぜひ本記事を参考に、保管方法を見直していただけますと幸いです。

本記事は下記のサイトを参考に作成しております。
(参考:ティーミックス 【タオルの保管方法】専門家が長期保管のコツを伝授! 2022年3月2日、内野株式会社 タオルの保管方法 2022年3月2日、カラエト 使わないバスタオルの収納は?未使用タオルのベストな保管方法 2022年3月2日)